MENU

1人暮らしの引越しの費用。業者によって値段が大きく違う!

片づけ下手で荷物が多い30代半ばの女です。独身ですw

 

1Kのアパートから1LDKのマンションへ最近引越しました。神奈川県の同じ市内で近距離の引越しです。

 

引っ越しの荷物の量が多く、大きいトラックを1台分利用したのですが、28,000円で引っ越ししています。

 

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

荷物チェック後にもらった業者からの引越し見積もり書

ネットの引越し一括見積りを利用して、アート引越センターとサカイ引越センターに来てもらったのですが、見積り金額がなんと22,000円も違って、サカイの方が安い!

 

・・・ただ、アート引越センターの営業さんがとても丁寧で好印象だったので、私はアート引越しセンターにサカイと同じ料金で引っ越し作業をお願いしました。

 

(「サカイで28,000円なので合わせてください」と言ったらあわせてくれました。)

 

私は1Kのアパートにいましたが、荷物が多く、大き目のトラックを貸切してもらいましたが、荷物が少ない人の場合、1万円台前半で引っ越しもできるそうです。

単身引越しが2万円以上安くなった!引越し一括見積の利用

アート引越センターで料金を2万円以上値下げし、サカイと同料金で作業をしてもらえたのは、コチラを利用したからです。「他社で安い値段をもらっている」と言わないと、値下げは難しいんでしょうね・・・

 

〜単身引越し費用の見積もり比較【無料】 入力は1分ちょっとでした〜

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

ところで一人暮らしの引越し費用の相場は?みんないくら払っている?

引越し前にざっくりと費用の相場が知りたかったので、色々チェックしてみました。

 

実際に引越し業者さんと話してみると、他人との比較よりも業者さん同士の比較が重要だったので他の方の見積もり費用はあまり関係なかった気もしますが・・(^^; よかったら参考にしてください。

単身一人暮らしの引越し料金事例

神奈川県相模原市から東京都中野区への単身引越し
  • 20歳女性
  • 使った引越し業者:クロネコヤマト
  • 引越費用:約4万円

大学の寮から社会人になって引越をしました。・・・続きを読む→

 

東京から京都府福知山市への単身引越し
  • 26歳男性
  • 使った引越し業者:なし。自分でトラックを手配
  • 引越費用:約5万円

仕事の関係で東京から福知山市に引っ越しました。幸い、トラックに乗れる友人がいましたので、もうひとりと3人での長旅になりました。・・・続きを読む→

 

山口県山口市から鹿児島県鹿児島市への単身引越し
  • 22歳女性
  • 使った引越し業者:ハート引越センター
  • 引越費用:36,000円

大学を卒業し就職する際に伴う引越しでした。・・・続きを読む→

 

愛知県名古屋市内の単身引越し
  • 29歳女性
  • 使った引越し業者:日通単身パックL
  • 引越費用:2万円

車で10分程度の所への引越しでした。・・・続きを読む→

 

東京都新宿区から神戸市垂水区への単身引越し
  • 25歳女性
  • 使った引越し業者:スター引越し
  • 引越費用:5万円

東京から実家の神戸への引越しです。・・・続きを読む→

 

・・・皆さん、結構安く引越しされている気がします。

 

先ほども書いた通り、実際に見積もりをしてもらうと他人との比較というよりも、引っ越し業者さん同士の見積もり比較勝負!という感じなので、上記は参考程度にしてくださいね。

 

50%安くなることも!安心の引越業者がそろった一括見積り

これは確実に言える!引越し料金は複数業者を呼べば安くなる

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

引越し業者さんって平気でふっかけてきます。

 

1番最初に来たアート引越しセンターに言われた金額が高かったのですが、この後、他社の見積もり訪問を控えているといったら値段を下げてきましたね。

 

その次に来たサカイ引越センターに「アートでいい値段だしてもらっている」といったらアートよりもさらに安い金額を提示してきてくれました。

 

引越費用を安くする為には<サカイを基準にして比較>するのが絶対に良い

アリさんマークの引越社だったかハート引越センターだったか忘れたけれど、引越し見積もりの件で電話がかかってきた時に言っていました。「サカイさん来るなら厳しいな〜」と。

 

それくらい、サカイは安い料金を出してくるらしいです。

 

でも、私はアート引越センターを使いたかったんですよね。高い金額を提示してきた営業さんでしたが、丁寧ですごく感じが良かったから。

 

女性の一人暮らしなので、やはり男性の営業さんが家に来るのって多少は抵抗もあったんです。でもとても丁寧な態度で、不安な気持ちが吹っ飛びました。サカイ引越センターの営業さんは、私に対しては態度は良かったのですが、アート引越センターに対して敵意が感じられ、ちょっと引いてしまいましたw

 

(注意:営業さんはイマイチでしたがサカイの引越作業の評判は良いです。)

 

結局私は、アート引越センターにはサカイと同じ料金にしてもらうように依頼し、受けてもらえました。

 

他の人の話を聞くとサカイと全く同じ料金への値下げは厳しい場合もあるようです。友人も見積りはサカイが一番安かったけれども、私同様、見積もりにきた営業さんがイマイチだったので別の引越し業者を使ったと言っていました。

 

ただ友人がサカイの金額をその業者に伝えたら、同じ金額にはならなかったけれど最初に提示された見積もりよりだいぶ値下げしてもらったようです。

 

これから引越業者を選ぶ方は、サカイと同じ料金は難しくても、なるべくサカイに近い料金でやってもらえるように交渉する事が可能なので、見積もりには是非サカイ引越しセンターを呼ぶことをおすすめします。

 

尚、当サイトから見積り依頼をすると、サカイが扱っている地域にお住まいの場合は、サカイから連絡が来ますので申込み画面に沿って入力をするだけで大丈夫です^^

 

あ、あと妹が最近新築マンションに引越ししましたが、1番安いサカイを使って良かったと言っていました。その新築のマンションの引越しされた住人のほとんどが、サカイ引越センターを使っていたようです。(サカイの作業の評判は良いです。)

 

ちなみに・・・
ネットで一括引越し見積もり依頼をして、最終的に家での訪問見積もりをお願いしたのはアートとサカイ2社だったのですが、4社くらい呼んでもよかったかなあと思っています。

 

なぜなら、アート引越センターからは洗剤一式を、サカイ引越しセンターからはお米2kg頂いちゃったから☆

 

見積もり当日の流れを見たい方はこちらからチェックできます >>

 

 

50%安くなることも!安心の引越業者がそろった一括見積り

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

引越にかかる料金はどれくらい?

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

人生の中で多くの人が何回か引越を経験することがあります。

 

同じ市内というのであればそうでもないかもしれませんが、県外など遠方に引っ越すとなるとけっこうな準備が必要ですし費用もかかりますから、大きな負担になることもあり得ます。

 

でも念入りに準備をしたり、節約のためのポイントをおさえることで引越料金は安くすることが可能です。

 

というわけで費用を抑えるためのコツをいくつかご紹介しますが、まずは料金の相場を調べてみましょう。引越情報サイトの「引越し侍」によると、下にも書きますが費用は引越する人の人数や荷物の量、そして時期によって左右されます。

 

単身で荷物が少なく、しかも近距離での引越であれば費用はそれほどでもありませんが、逆に大家族で遠方に転居、荷物が多めとなれば費用はかなりのものになります。

 

ここでは一人暮らしの単身引越を想定してみましょう。一人暮らしとなると荷物が比較的少ないのが特徴ですが、引越し侍のデータによると、単身で荷物が少なければ相場はだいたい20,000円〜54,000円といった感じです。これが繁忙期だと25,000円〜8万円くらいでしょう。

 

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

 

荷物が多ければ25,000円〜7万円台半ばくらいです(繁忙期は35,000円〜105,000円)。この幅のどこに位置するかは引越する距離によって変動します。また注意点としてこの相場は基本料金の例です。オプショナルサービスは含まれていません

 

引越業者は荷造りや荷解き、エアコンの取り外しや取り付け、電化製品の設置、害虫対策やピアノの搬送、盗聴器発見サービスなど色々なオプションをつけられるようにしています。こうしたサービスを手厚くすれば料金はもっと高くなりますから慎重になる必要があります。

 

このように引越料金だけでもいろいろとかかってしまいますが、引越は転居先の敷金や不用品の処理など他にも費用がかかってくるものですから、総合的な費用はかなりのものになる可能性があります。ですから少しでも節約するためのコツをおさえておくことが大事なのです。それでは具体的に何ができるか幾つかの点をあげてみたいと思います。

 

引越料金を節約するコツ:時期を調整する

引越に関して意識したいことの一つは、引越時期の調整です。つまり繁忙期を避けて通常期に引越するようにするという事です。引越業界における繁忙期は3月、4月といった新年度前後の時期です。

 

この時期には入学や入社、転勤などが理由で人の移動が多くなってきます。人がたくさん動く時期は需要が高くなりますから、当然引っ越しにかかる料金は高くなってしまいます。

 

ですからどうしてもその時期でなければいけないというわけでなければ、時期を少しずらすことで節約につながります。引越し侍によると、繁忙期は通常期の1.5倍ほど料金が高くなってしまう傾向があります。通常5万円かかるのなら75,000円かかってしまうということです。ですから5月から2月にかけての比較的閑散とする時期に引越時期を調整できないか検討しましょう。

 

引越料金を節約するコツ:混載便や帰り便を利用しよう 

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

引越をする場合に、業者は通常トラックを出して荷物の搬出と搬入を行います。

 

でももし業者のトラックに対して荷物量が少なければ、トラックにムダなスペースが出来てしまいます。

 

そうなれば無駄な料金が発生してしまいます。

 

ですからこうしたチャーター便ではなく、混載便を狙うのは良い方法と言えます。混載便は、同じ方向に向かう別の荷物とトラックをいわばシェアリングすることで負担を少なくする方法です。最近では家のシェアリングなどもありますが、引越荷物に関しても同じことができるわけです。

 

このサービスでは例えばサカイ引越センターが「ご一緒便コース」などがあります。荷物が少ない場合はこのようなサービスを使うのも賢い方法です。他にも「帰り便」を使う方法もあります。ある業者のトラックが荷物の運搬をしたあと、そのトラックは空になりますが、もしそのまま出発地に戻るとしたらムダがあります。

 

しかし帰る途中で他の人の引越荷物を運搬して行くことが出来ればその業者にとっては都合がよくなります。そしてその分消費者は利用料を安価にすることが出来ます。ただこの帰り便が都合よく見つかるかどうか100%の保証はないので、ある程度予定は業者にお任せすることになるので注意が必要です。しかし都合が合えば利用料の減額が見込めるので使わないに越したことはありません。

 

引越料金を節約するコツ:荷物の量を少なくする 

引越をすると捨てる物がいろいろ出てきますが、引越を機に不必要なものを出来るだけ多く処分しておくことで費用の節約につながります。引越業者の中には不要物の買い取りや引きとりをサービス提供しているところもあります。荷物が大きく動くのが引越ですから、いらないと思いつつも処分できなかったものを一気に回収してもらうのも良い方法です。

 

ただこうしたオプションは有料であることも多いので、回収してもらって荷物量を減らしたほうが引越料金が有利になるのか、それとも有料オプションであるがゆえに逆に損になってしまうのかをよく検討しておくことが大事です。

 

場合によっては家電量販店でリサイクル券を使って引き取ってもらうとか、自治体の設備で安く引き取ってもらうなどすると最終的な費用がおさえられるかもしれません。もしある程度価値があるとか、需要があると判断できるのであれば、ヤフオクなどのオークションサイトを利用すれば逆にちょっとした臨時収入になる場合もあるので賢く判断しましょう。

 

引越料金を節約するコツ:セルフで引越する 

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

もし引っ越し代金をとことん節約したいのであれば、場合によっては自分で引越作業をしてしまうという方法があります。

 

軽トラなどを借りて荷物を積んで転居先においてくる方法です。

 

軽トラのレンタル費用は1万円未満が一般的なので、家族の協力を得ながら短期決戦でやってしまうのも良いでしょう。

 

もし荷物が衣類など本当に身の回り品だけなら、タクシー1台で済ませるということも可能です。多少驚かれるかもしれませんが、遠距離でなければリーズナブルな引越料金になるでしょう。もし荷物量や距離の問題で完全セルフで引越作業ができないとしても、部分的に自分でやるよう努めることで安価な料金を達成できます。

 

忙しい場合はなかなか難しいかもしれませんが、最低でも荷造りと荷ほどきを自分でしっかりやっておくことで、完全お任せプランの時のような料金がかかってきません。引越には良い準備がもとめられ、その中にはある程度の期間をかけて荷物をまとめておくことが関係しますが、それによって忙しくても費用を節約できるので意識しておくと良いでしょう。

 

運んでもらう荷物量が少なければ、業者が指定する専用ボックスなどにおさまって、安価なプランを適用できる可能性が出てきます。ですから転居先のスペースと相談しながら、可能な限り不用品を処分してみましょう。

 

ちなみに最近は「ミニマリスト」なんて言葉がはやっています。必要最低限のもので生活することで、気持ちのゆとりを持とうとする人たちを指したりしますが、極端に物を捨てないまでも、シンプルな生活は心配する物事が比較的少なくなる分、確かに大事なことに目が向けやすくなるのは事実です。引越料金という側面だけでなく、生活のリセットという観点でも物の量を調整するのは良い事です。

 

引越料金を節約するコツ:一括見積もりサービスを利用する 

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

上記にあるようなコツを意識して上で、さらに簡単にできる節約方法があります。

 

それは引越料金の一括見積もりサービスを活用することです。

 

「引越し侍」「ズバット引越比較」「価格.com」といったサイトがサービスを展開していますが、これらのサイトを使うと複数の引越業者の中からまとめて見積もりを取ることができ、その中で低価格を提供している業者がどこなのかすぐに比較検討できるのが魅力です。

 

日本には何百社もの引越業者が存在します。よく知られている大手もありますが、あまり知られていない中小企業もあります。そして実は業者の中には得意分野というものがあります。遠距離の引越に強い業者もあれば近場に力を発揮する業者もいます。また大型の荷物への対応が良いところもあったり、荷物量の多さに対して安く商品を提供できるところもあります。

 

ですから同じ引越をするにしても料金の差が生まれるのです。ですから一括で見積もりをかけてみることで、自分の条件に合った料金プランを見つけやすくなるのです。こうしたサイトは通常利用料が無料ですから、一通り料金を節約する工夫をしてみたなら、試しに料金を計算してもらうようにしましょう。予想よりも相場よりも安い料金にめぐり合える可能性があります。

 

引越の準備で注意することは? 

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

引越しは十分な期間を必要とします。今日明日ですべて解決できるようなものではありません。というのは荷物だけでなく、ガス・水道・電気などの公共料金や、住民票・国民年金・国民健康保険・印鑑登録の廃止などの役所の手続きが必要ですし、今の住居のクリーニングも必要です。

 

さらに近所のあいさつ回りは現住居と新住居の両方で大切なので忘れるわけにはいきません。子どもがいる場合には転校手続きもあります。ちなみに住民票の移動などでは、14日以内の手続きを行うなどの規定もあり、それを過ぎると最大で5万円の罰金が発生する可能性もあるので無視できません。

 

また家の掃除をきちんとすることで大家の印象が良くなることも期待できます。別の準備ポイントとして、家の退去通知を前もって行うことです。1カ月前や2カ月前など引越のタイミングについて管理会社に前もって連絡することで、家賃の重複などを避けることができます。

 

このタイミングが遅れると、賃貸契約の中途解約が望むタイミングでは行えず、無駄な家賃を支払わなければならなくなります。ですからいつまでに退去通知をしないといけないか、契約書をよく確認するようにしましょう。

 

引越のトラブルを防ぐためには:原状回復について 

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

引越には様々なトラブルのリスクが考えられます。引越し前のトラブルや引越中のトラブルです。まず引越前のトラブルですが、原状回復をめぐるものがあります。

 

原状回復というのは、家の借り手が貸し手に対して負う責任で、借りている家の状態を借りた当時の状態に回復することを意味します。といっても長く住めば住むほど経年劣化というものがありますし、ちょっとした汚れなどは人が住んでいればある程度つくのは当然です。

 

こうした状況を踏まえて、国土交通省が策定しているガイドラインでは原状回復の程度や範囲について具体的な指針が示されています。例えば「通常使用による損耗以外の損耗の回復」という箇所では、普通に生活していてできる以上の汚れや破損については借主負担としています。逆に普通に過ごしていて出来てきた汚れなどについては貸主が負担する事になっています。また「故意・過失・善管注意義務違反による損耗の回復」という箇所では、借主がクリーニングを怠ってきたためにできてしまったカビやシミなどを意識していて、この場合の責任を借主にあるとしています。

 

ではもし借主の過失で住宅の一部に交換の必要が出たとしたら、貸主は全額負担しないといけないのかというと、そうでもありません。ちなみに建物やその設備の価値の計算については、減価償却の考え方が適用されます。

 

簡単に言えば年数がたてば物の価値は低くなるということです。この考え方でいけば、例えば壁紙が新しい状態で入居したとしても、数年経てばその価値は限りなく低くなります。ですからクロスを貼り替えることになったとしても借主の負担が極端に高くなることはないのです。

 

しかし残念ながらこの減価償却の考え方が建物の管理者によってきちんと把握されずに、借主に請求がいくことが多いので、トラブルがいろいろ発生しています。ですから引越の時には十分前もってその点について管理者に確認しておくことが大事です。

 

引越のトラブルを防ぐためには:引越業者による紛失や破損について 

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

引越中のトラブルとしては、業者のミスによる紛失や破損などがあります。

 

プロと言っても人間ですから、何かの拍子に物を壊してしまうこともありますし、物が消えてしまう事もあります。

 

こうしたトラブルに備えて引越業者の多くは「運送業者貨物賠償責任保険」という保険に入っているものですが、これがあれば紛失や破損の場合に補償がされるので、契約時にはこの保険の加入の有無を確認しておきましょう。

 

しかしこの保険には上限がありますし、どんなケースで補償されるか規定があります。もし不安であれば、最初から高価なものは自分自身で保管するほうが無難ともいえます。もし何かのトラブルに直面して解決がなかなかできない場合は、消費者生活センターなどに相談すると、公正な立場からサポートしてくれます。

 

引越は準備期間も費用もかかりますし、トラブルもつきものです。何度も強調しますが、十分前もって情報収集をして準備しておくことで、費用を節約し、スムーズな転居ができるのでしっかり意識しましょう。

 

 

クロネコヤマト

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!
だれでも知っている宅急便サービスの会社、ヤマト運輸が引っ越しのためのプランも提供しています。

 

単身の場合「単身引越サービス(フルサイズ)」や「単身引越サービスmini」が選べるので、引越しボリュームで選べるのがポイント。

 

手際の良さや早さ、料金設定が明確であること、適正な料金であることなど非常におすすめのサービスです。

 

クロネコヤマト

引越しは日通

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

 

日本通運(日通)は家族の引越はもちろんですが、単身の引越にも強みを持っています。

 

日通は荷物量に合わせてバリエーションのあるプランを提供してので、荷物の量に合わせてプランが選べます

 

基本の作業に加えてオプションでいろいろなサービスを付帯することが出来るので、柔軟なサービスが非常に嬉しいポイントです。

 

引越しは日通

アート引越センター

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

 

2017年オリコン日本顧客満足度調査では通算で5度目の顧客満足度第一位を獲得しているなど評価の高いアート引越センター。

 

仕事や家事で忙しく、荷造りなどを行っている余裕が無い場合フルコースを利用すればスムーズでストレスのない引越が可能。

 

必要に応じたコースが提供されていることと、セルフとお任せのバランスで料金を調整できるのが非常におすすめなポイントにっています。

 

アート引越センター

引越のサカイ

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

 

現時点で3年連続で売上高と作業件数において日本一を達成しているサカイは、順調に売り上げをのばしている引越し業者です。

 

単身者向けに「せつやくコース」と「ご一緒便コース」の2つから選べます

アート引越センター

アリさんマークの引越社

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安く!

 

家族での引越、単身での引越、長距離の引越などシーンに合わせた引越プランを提案しています。

 

アリさんマークの引越社ではインターネットからの割引が効くクーポンを発行していて、見積もり時に見せると10%割引になるので利用するとお得に引っ越しが出来ます。

 

アリさんマークの引越社

 

 

 

 

 

引越し一括見積もり比較

引越し業者比較

引越す時に気を付ける事

このページの先頭へ