ユニットバス・電気コンロが不便だった<女性の初めての一人暮らし>

  • 住んだ場所:大阪府の大阪市
  • 年齢:22歳〜

私が初めて1人暮らしをしたのは、大学を卒業して社会人になる年です。それまでは実家暮らしで20年以住んだ土地を離れて大阪府の大阪市に移り住みました。

 

大阪市を選んだのは通勤に便利な様にで、多少転勤があったとしても大阪市だったら対応がきくと考えました。

 

実家から出るだけだったので、まだ電化製品や家具はほとんどなく大物と言えばベットと本棚とテレビくらいのもので引越し自体は結構ラクだったのを覚えています。

 

引越し先でこだわったのは、駅近と家賃だったけれど・・・

私が住居で拘ったのは、駅から徒歩10分以内で、家賃の安さだったのですが、その時あまりよく考えずにユニットバス、電気コンロの賃貸マンションを選んだのは失敗でした。

 

ユニットバスってかなり使い勝手が悪くて、1人暮らしならバスとトイレが一緒でも問題ないと思ったのですが、すぐに後悔しました。

 

それに電気コンロは勿論今流行りのIHなどではなく古いタイプのモノだったので、お湯を沸かすだけでも時間がかかってしまって自炊には向かないということが出来ます。

 

2年我慢して更新の際には、同じ大阪市内の別の物件に引越しをする羽目になってしまいました。

 

今度はバスとトイレば別の物件でガスコンロの所にしてようやく満足です。

 

それにしても引越しは敷金礼金やら引越し費用やらで最初に何十万もかかります。

 

だから事前にきっちりその後の生活をイメージしてから引越し先を選ばないと大変な目にあいます。

 

私も高い授業料だったなとシミジミ思いましたね。

 

 

1人暮らしの引越しの相場は?

引越し一括見積もり比較

引越し業者比較

引越す時に気を付ける事

このページの先頭へ