女性一人暮らしの引越し「クロネコヤマト」を使いました。

神奈川県相模原市から東京都中野区への単身引越し
  • 20歳女性
  • 使った引越し業者:クロネコヤマト
  • 引越費用:約4万円

単身引越し体験談

大学の寮から社会人になって引越しをしました。

 

神奈川から東京まで本当に隣の県に行くだけなのですが、今まで住んでいた所は大学の友人も周りにたくさんいましたが、今度は全く誰も知り合いも居なく、違う場所への引越だったので本当にここで暮らしていけるのかどうか、とても不安だったことを覚えています。

 

知り合いがいない場所へ着いて、初めて一人で寝るときはなかなか寝付けなく天井ばかりを眺めていました。そのうちにどこにどんな店があるのかを覚えてくると段々と生活も安定して慣れていくだろうと思っていました。

 

一人暮らしの引越ですし、今まで大学の寮生活だったこともあり最初の引越は本当に荷物が少なく、家具もあまりありませんでした。

 

実家の両親が上京してくるための布団だけが場所を取り、あとは私の少しの衣類とキッチン用品に大学の時に使っていた本などが主な荷物でした。

 

単身の引越料金が使えないかなと思って引越業者さんが見積もりに来たときにその話をすると、必ず布団が多いせいで安い料金が使えずに普通の料金を取られました。

 

それでも本が多く、段ボールが足りなくてスーパーにもらいに行き、それを運んでは引越荷物を作りました。

 

来る日も来る日も引越の荷物作りと大学の卒業論文に終われてあっという間に引越当日になったような気がしました。

 

私は卒業をしてから引越をしたのですがそれでも3月始めに都内に移り住み、そこから入社までの約一ヶ月でそこの生活に慣れるようにしました。

 

ただ、引越の段ボールの処理には困り、とりあえず引越業者さんに何枚かはつぶした物を持って行ってもらいましたがあとに残った段ボールは少しずつ普通のゴミに出して処分しました。

 

それでも生活は少しずつ慣れていき、私が住んでいた所の近くのお肉屋さんに美味しいコロッケがあり、たまにそこのコロッケを食べるのを楽しみにしていました。

 

そんな感じで一人暮らしを続けています。

ヤマトの「単身引越サービス」はダンボールなどの使用済み資材は有料

荷物が少ない方に人気のヤマトの「単身引越サービス」では、ダンボールなどの使用済資材の引き取りは有料オプションとなっています。

 

クロネコヤマトの「引越らくらくタイムリーサービス」「建替引越パック」であれば、引っ越し後に使用済み資材をすべて引き取ってもらえます。

 

 

▼不要品・使用済み資材の処分を引き受けて入れる引越業者も見つかります!▼


 

 

荷物が多い片づけられない私がお得に引っ越しできちゃった!
「ネット見積りで引っ越し料金が2万円安くなりました」 >>

 

 

 

引越し一括見積もり比較

引越し業者比較

引越す時に気を付ける事

このページの先頭へ