引越し料金を安くする為に。業者見積もり時のコツ

引越業者に訪問見積もりをしてもらう際、見積りでなるべく安く出してもらうコツがあるそうです。以前引越業者で働いた経験がある人に聞きました。それは

 

ゴチャゴチャしている荷物などは、ある程度段ボールにまとめておく

 

見積りにきた引越業者の営業さんは、大きな家具や家電以外ざっくり目視で判断するそうです。つまり第一印象が大切なんですね。

 

私の場合は、次のような状態で見積もりしてもらいました。

 

梱包しない状態で見積もりしてもらったもの
  • クローゼットにかけてある服
  • クローゼットの棚に載せている鞄
  • 靴箱に入っている服
  • 箪笥に入っている服
  • 衣装ケースに入っている服
  • 家電、家具
  • 布団一式
  • テレビやレコーダーとその台
  • 自転車

上記は引越当日、そのままの状態で運んでもらっています。

 

梱包した状態で見積もりしてもらったもの
  • 本やCD、DVD、書類、雑誌、雑貨など

見積り前なのでスーパーでもらった段ボールに詰めておきましたが、見積もり後はすぐに業者さんから段ボールをもらえたので、以降の荷物詰めは業者さんの箱を使っています。

 

 

私の場合、どっちみち荷物が多すぎて大きなトラック1台分使ったので、段ボールにまとめておくという作業はあまり見積もりに関係なかったかもしれません。

 

ただ荷物が雑然とした状態にあるよりも、見積もりにきた営業さんの頭の中で計算できる状態にしておいた方が良い気がします。

 

 

▼一括見積依頼すれば引越料金が安くなる!▼


 

 

 

「無料一括見積りで引っ越し料金が2万円安くなりました」 >>

 

引越し一括見積もり比較

引越し業者比較

引越す時に気を付ける事

このページの先頭へ