1人暮らし マンション アパート 引越し

1人暮らしのマンション、アパートの引越しで注意をする点

荷物が少なく引っ越し作業が楽だと思われがちな1人暮らしの引っ越しですが、注意するポイントがあります。これを覚えておかないと後から予想以上に苦労することもあるので、しっかりと確認しておきましょう。

1:エレベーターの有無、階段の狭さなど引越し先の状態を把握しておく

1人暮らしのマンションやアパートの引っ越しで注意しておきたいポイントの1つに、引っ越し先の状態を把握しておく事があります。

 

例えば引っ越し先にエレベーターがなかったりすると追加料金が発生する事も。

 

また単身者用のアパートの階段や廊下は狭い場合があり、引越し先へ大型家具を搬送できない事もあります。それと大東建託の物件に多いのですが、1階が玄関で2階や3階が住居になっているタイプのアパートの場合も、階段などの幅が狭い事もあるので、注意が必要です。

2:大型家具などは、事前に引越業者に見てもらう

1で述べたように引越し時に荷物を運べないなどのトラブルを防ぐ為にも、引越し先の状況を把握しておく事と合わせて、荷物を業者に実際見てもらって見積もりをもらう事をおすすめします。

3:現金を手元に用意しておく。

引っ越し作業中のトラブルに良くある事の1つに、財布や貴重品が入った荷物を誤ってトラックに積み込んでしまうことがあります。引っ越し当日から数日にかけては、何かと現金が必要となります。また役所等の手続きで印鑑なども使う機会が多くなりますから、貴重品が手元にないと、荷物の中から探すだけでも大変です。

 

しっかりと荷物の内容を把握して、上記のようなトラブルが起こらないように気を付けたいものですね。

4:引っ越しの予備日を設けておく

そしてもう1つの注意として、引っ越しの予備日を設けておくという事です。引っ越し作業は荷物も少ないから簡単に終わるはずと侮っていると、想定外の事態が起きた時に慌ててしまいます。

 

例えば作業を午後に始めた場合は、引っ越し先への到着予定時間が遅くなる可能性が高いです。その分引っ越し料金は安く設定されているのですが、実際に引っ越し業者が帰ったのは夜9時近かったというケースもあるといいます。

 

荷解きや荷物整理など意外と時間がかかります。それに、あまり遅い時間にかかる引っ越しは、周りの方のご迷惑にもなります。

 

ですから仕事のスケジュールなどを調整して休みを取れるのであれば、予備日を1日ほど設けておくと安心ですよ。

1人暮らしの引越しでトラック1台使いました♪


 

 

 

単身の引越し費用の相場について。複数見積で2万円以上安くなった!TOPへ>>

一人暮らしの引っ越しを対象とした単身パックというものが人気があります。同一市内であれば2万円から4万円程度で引っ越しが出来るので、非常にお得です。基本的に一人暮らしの方は荷物が少ないので引っ越し業者もスタッフは少人数、トラックや運搬器具も最小限で事足りるようになっています。そのため他のコースと比較し、単身パックでは引っ越し料金を安く抑えることができるのですね。引っ越す時に注意する事として、エレベーターの有無の事についてふれましたが、これは市外や県外の場合は追加料金が必要な場合があるからです。大手の引越業者であれば、事前に必ず確認をとってくると思いますが、確認忘れなどを防ぐ為にもこちらからも連絡するようにしましょう。

引越し一括見積もり比較

引越し業者比較

引越す時に気を付ける事

このページの先頭へ