引越し 準備 いつから 単身

一人暮らしの引越しはいつから準備必要?

一人暮らしの引っ越しは、家族で引っ越しをするよりも荷物が少ないので手間がかからないと思われがちです。しかし実際には荷造り以外にも色々と手続きや準備が必要なので、引っ越し準備は長ければ長い方が良いと言われています。

現在住んでいる大家さんや不動産業者への連絡

1か月前までに連絡をするのが普通。契約内容によってはもっと前の事も。

引っ越し業者への連絡

2週間前までには連絡をしましょう。引越し料金を安くしたい場合、日にちを自由に決められる状況であれば、引越し日が確定する前に見積もりなどをお願いする事をおすすめします。

荷造り

こちらは荷物量などにもよるので人によります。業者を使う場合、引越し業者が見積もりにくる前に出来るだけ荷物はまとめておくと、安く見積もってもらえるケースが多いです。

 

これは引越し業者の担当の方が、荷物をパッと見て頭の中で計算しやすいからです。

その他手続き関係

引っ越しが近くなってくると役所へ住所変更の手続きをしたり、電気やガスや水道などの手続きをしたりする必要が出てきます。これらは引越しの1〜2週間前からの準備で基本的に間に合います。

 

ざっくり準備期間を書きましたが、準備は早いに越した事はありません。

 

引っ越しが決まったら、少しずつでも準備をすすめていきましょう。

引っ越しの前日までにやらなければならないことは沢山あります。また住所変更に伴う各種支払いの手続き変更なども多数あり、なかなか大変です。それと並行して荷造りもしなければならないので、2か月か3か月くらい前から準備を始めていたいところですね。荷造りもただ荷物を段ボールに詰めていけばいいという訳ではありません。まずは不用品などの処分から始め、引っ越し先に持っていく荷物を最小限に抑えるような工夫が必要です。特に単身パックの場合は運べる荷物の量が予め設定されています。それを超える量の荷物がある場合には追加料金を求められる場合があるので、荷物は出来るだけ少なくした方が良いのです。特に家電製品や家具類などは大きい荷物になるので壊れていたり、不用品だったりする場合には処分したりリサイクルショップ等へ持っていくなどの対応が必要です。引っ越し業者が有料で引き取ってくれる場合がありますが、自分でリサイクルショップ等へ持っていく方が割安なのであまりお勧めしません。

 

 

 

 

 

 

引越し一括見積もり比較

引越し業者比較

引越す時に気を付ける事

このページの先頭へ