引越しのキャンセル料金ってかかる?延期や中止の場合

引越しのキャンセル料が発生するか否かは、引っ越し業者と交わした契約内容によります。

前日と当日のキャンセルは費用が発生する

基本的に引っ越しする日の前々日前までに連絡があればキャンセル料は発生しない取り決めになっています。しかし前日や当日などのキャンセルについては、以下のように定められています。

国土交通省により決められた標準引越運送約款
  • 引越し前日のキャンセル料→引越し料金の1割以内
  • 引越し当日のキャンセル料→引越し料金の2割以内

引っ越し日の延期についても同様の料金が発生します。

 

前日と当日のキャンセルでも費用が発生しない事も

引っ越し業者によっては身内の不幸や突発的な事故や病気などで引っ越しする状況ではなくなってしまったケースなどでは、後日延期を条件にキャンセル料が発生しない場合もあります。

 

どうしても事情により引越しを延期せざる得ない場合は、引越し業者にすぐに連絡を入れ相談をしてみましょう。

 

手付金や内金を請求してくる業者には要注意

契約を交わした当日に手付金や内金を請求してくる業者がいたら要注意です。引っ越し業者でこのような前金を請求するのは本来禁止されているため、ブラック企業とみて良いでしょう。

 

また未使用の梱包資材を説明もなしに置いていき、キャンセルした際に梱包資材の代金を要求するという手口もあります。

 

こういった悪質な請求をされるケースもありますので、注意しましょう。

大手引越し業者に頼めば安心

後で見積もり以外の料金を請求されるなど、トラブルを防ぐには大手の有名な引越し業者を使うと安心です。

こちらから無料で大手の引越し業者に複数見積もり依頼が可能です。

↓ ↓ ↓

 


 

 

引っ越し一人暮らしの費用の相場は?ネット見積りで2万以上安くなった!TOPへ戻る >>

引っ越し関連のトラブルであまり知られていないのがキャンセルにまつわるお話です。数か月前から段取りをしている事なので、突然の延期やキャンセルをするというのは、あまり考えられない話ですよね。しかし体調不良や予想外のアクシデントがあると、そういった手続きをしなければならない可能性も出てきます。このような場合、気になるのはキャンセル料です。キャンセル料金などの取り決めは、国土交通省により引越しの基本ルールを定めている標準引越運送約款というものを基にしているもので、引越し業者が見積もりを提示する際に、申込みをした人に一緒に提出をする義務があるものです。しかし引越しのキャンセル、延期などはいずれにしても契約を取り交わした際の約款によって対応が異なってきますので、内容をしっかり確認しておきましょう。

引越し一括見積もり比較

引越し業者比較

引越す時に気を付ける事

このページの先頭へ